筋肉痛 お腹 足 早く 治す 方法

筋肉痛を早く治す方法

スポンサーリンク

筋肉痛の原因とはなんでしょうか。
これは実は医学的にも今のところよくわかっていません。
よく言われているのは、激しい運動を行ったり、久しぶりに運動を行った際に、乳酸といった老廃物が溜まり、体が酸化した状態であるとか、今の筋肉の力を大きく上回る負担による筋肉の繊維の損傷といったものがあります。
乳酸は、運動を重ねれば重ねるほど体が乳酸を早く分解したり、発生を抑える力がつくため、運動を重ねているスポーツ選手は一般の方よりもたまりにくいとされています。
また、一般の人の中には、血流が悪い状態の方もおられるため、なかなか老廃物を処理することができず、疲労がたまった状態が長い間続いてします。
これは日々ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を定期的にすることで、体質改善が図れますので、ご安心ください。
筋肉の繊維の損傷は、どうしても修復に時間がかかるため、前述の乳酸に比べ時間がかかり痛みが長期化します。
おおよそ筋肉の損傷から回復まで4日ほどかかるとされています。
スポンサーリンク

よくあるのは、今の筋肉に対して大きすぎる負荷がかかったため、損傷するのですが、この部分が熱を持ち、痛みを伴います。
また壊れた筋肉が新しい筋肉へと再構築する際にも痛みを伴います。この際には無理のない範囲で熱を持った部分を冷やしてください。
ここで注意してもらいたいのは、あまりにも大きな痛みや普段の筋肉痛と異なる痛みでしたら、肉離れを疑ったほうがいいと思います。
自分の体は自分でわかる!というのももっともなのですが、筋肉の損傷から回復するのにかかる日数である4日を超えても痛みが引かない場合は自分で判断せず、病院に行きましょう。
肉離れもスポーツでよくなりますが、けがの度合いが、軽いものから重いもので変わりますが、数週間から数か月とかかってしまうため、普段と違うな、と思ったら、病院に見てもらってくださいね。
けがをしてしまうと目標が遠ざかってしまいますので何事も無理のないように、そして気になるところは早め早めに対処しましょう。
何事も継続は力なりです。いい練習をしても継続できなければ力になりません。そのためにはケアも大切にしていきましょう。
スポンサーリンク