筋肉痛 時 有酸素運動 

筋肉痛の時の有酸素運動

スポンサーリンク

筋肉痛の原因について、医学的にもまだまだ分からないところもありますが、全く対処できないわけでもありません。
まず、乳酸などの疲労物質を体の中から取り除くことを考えましょう。
つまり、血の巡りを良くして排出させます。
急激な動きを起こすことでできた乳酸を乳酸ができにくいような動きにより出してしまおうということです。
そこで、簡単な軽めの運動を行います。
よく積極的休養などと言われるのがこれに当たります。
簡単で売る目の運動を行うことにより、血の巡りをよくし、乳酸を体の外へ追い出すのです。
ただし、弱い運動量とはいえ長時間行うことは逆に疲労物質である乳酸をさらにためてしまうことにもなりますし、知らぬ間に強度の高い運動を行ってしまうこともありますので、自分のその日の体の調子と相談しながら軽めの運動を行ってくださいね。
ここでその簡単な運動について例を挙げておきます。
よく言われるのが、歩くことです。これは、器具や場所にもこだわらずいつでもどこでもできますね。
そして普段からみんなが当たり前のようにしていることなので、負荷のかかるスポーツでないですね。
ここでも、『今日は筋肉痛を取るんだ』ということを頭に入れて運動を行ってください。
スポンサーリンク

同じようについつい力が入ってしまい、ウォーキングがハードなスポーツになってしまっては元も子もありません。
目安としては、息の切れないペースで、少し汗ばむ程度、体が少し温まってきたなぁというぐらいで十分です。
ここで一般的には、無酸素運動よりも有酸素運動がいいといわれています。
無酸素運動とは、瞬発的に大きな力を使うような運動のことをいいます。
例えば、筋力トレーニングや短距離走や水泳の短い距離を泳ぐなど、筋肉を一気に使うものです。
このような運動が筋肉痛を招きますよね。
ここで同じような負荷をかけると、なかなか治りがよくならないということはすぐわかりますよね。
対局的に、有酸素運動とはあまり強い力を使わずに、長い時間使う運動を指します。
ウォーキングのほかに自転車などもいいかもしれません。
無酸素運動のところでもでました水泳ですが、ゆっくりとしたスピードでするなら、有酸素運動に入ります。
話はそれますが、この有酸素運動を20分以上行うと体に溜まった体脂肪を減少させる効果が出てきますので、ダイエットにも効果的ですね。
無酸素運動でも効果はないとはいえませんが、一般的に有酸酸素運動がおすすめです。
自転車なども手軽でいいですね。
他にはヨガなんかも、緩やかな動きですが、呼吸を整えたりすることで、血の巡りがよくなり老廃物を排除することが期待されますね。
スポンサーリンク