運動前 筋肉痛 予防法

運動前の筋肉痛の予防法

スポンサーリンク

筋肉痛を予防するには血の流れが大変重要になります。
身体の血流が滞るような状態で筋肉に負担をかけたのなら、それだけ筋肉痛になる可能性は大きくなりますね。
スポーツ選手は筋肉痛が取れない、疲労が溜まり、力が入らない状態を常日頃経験しているが、適切な処置をすることで痛みや疲労を最小限に抑えています。
では、どんなことをしているのでしょうか。
筋肉痛や筋疲労を防ぐために、練習前には必ずウォームアップとして軽いジョギングと、動的、静的なストレッチを行っています。
身体が少し汗ばむ程度に体を動かせば十分です。
そして、激しい運動をした際に、軽いジョギングを行い、ストレッチを行うことで早め早めの疲労対策へとつなげてください。
一般的には、運動の前は動的なストレッチを行い、筋肉や関節の可動域を高め、運動後は静的なストレッチにより、凝り固まった筋肉をゆっくりゆっくり伸ばしていくのが効果的とされています。
スポンサーリンク

そして、このストレッチ(動的であれ静的であれ)を普段から心がけて継続することで、筋肉痛になることを防ぐ効果があります。
筋肉は柔軟であればあるほど、筋肉痛になりにくいのはもちろんのこと、肉離れなどのけがを防ぐことができます。
また日ごろから簡単な運動でも構いませんので、少しでも行っていると筋肉痛になるリスクは軽減されます。
また、重要な試合や練習が近々あるということでしたら、テーピングをしたり、今はやりの着圧ポーターをつけたりといった対策で、体の動きをサポートして、疲労を抑え、筋肉痛になる可能性を少しでも減らすことできます。
他に運動中に気をつけることとしては、こまめな水分補給を行うことです。
昔は、運動中に水分をとることはパフォーマンス低下を招くといわれている時代はありましたが、現在では、そんな考えは間違いだったとされています。
汗をかくと体内の水分量はどうしても低下するため、血液はドロドロになってしまいます。
この状態では、乳酸やら疲労物質を体内に早く出す動きがどうしても弱くなってしまいますね。
それに水分量の低下逆にパフォーマンスの低下とつながることもわかりましたし、最悪の場合は脱水症状にもなりますので、こまめにしっかりととるようにしましょう。
それでは、きょうはここまで。
スポンサーリンク