筋肉痛 痛い 冷やす

痛い筋肉痛を冷やす

スポンサーリンク

先ほどの軽い運動と似ているところがありますが、ケアを行うことで、筋肉痛を緩和することができます。
これからお話しする内容は筋肉痛だけでなく、筋肉の疲れなどにも有効ですので、参考にしてくださいね。
まず、筋肉を冷やすことです。
よく野球選手が肩などを冷やしていますね。
一般的にはアイシングと言われています。
これは冷やすことで、炎症をしている部分の血流を抑え、痛みをとるものです。
また冷やすことで、神経を麻痺させて痛みが脳へ伝わるのを抑えてくれます。
アイシングは、比較的運動の直後あたりが効果的と言われています。
大体当日から次の日ぐらいまででしょうか。
時間としては、あまり長くするのではなく、15分くらいで、何回かに分けて行うといいでしょう。
氷や水がすぐに手に入る環境でなく、すぐに冷やすのがなかなか難しければ、スプレーなどもありますよね。
なかなか匂いがきついですが、あれもおすすめです。
なかにはあの匂い好きな人もいますね。
同じように湿布も痛みをとる効果がありますね。
スポンサーリンク

そして、これも手軽に行える、ストレッチです。
筋肉が乳酸や疲労物質でコリ固まった状態では血流も悪くなかなかこの状態が改善されません。
そこでストレッチなどを行い筋肉を柔らかくして血流を良くしましょう。
ストレッチと同じように前述したヨガなどは軽い動きとストレッチの両方を行えますので、おすすめです。
ここでのストレッチは、勢いよく力を入れて急激にするのではなく、ゆっくりゆっくり体を伸ばしていくイメージで行ってください。
その際には息をゆっくりすってはいてという感じで行うとより効果的です。
体だけでなく、心もストレッチされますね。
なお運動の前にも行うことで、筋肉が柔らかくなり、けがを防ぐことにもつながりますので、こころがけるといいでしょう。
マッサージも効果的ですね。
ここでもストレッチと同様力をいれず、体をさするようにしましょう。
おすすめは、心臓に向かうようにさすることです。
その際には一方通行でさすりましょう。
その際には、手は温めてから行うと筋肉もびっくりせずリラックスできるでしょう。
スポンサーリンク