ゴルフ 筋肉痛 原因

ゴルフでの筋肉痛の原因

スポンサーリンク

ゴルフの打ちっぱなしなど、ゴルフをほとんどしたことがない方にとっては、1時間ほど続けると、恐らく筋肉痛になる可能性が高いと思います。
どんなスポーツでもいえることですが、ある程度そのスポーツを継続していくと、そのスポーツを始めたころに比べ、筋肉痛にならなくなってきます。
たとえ、回数や強度が強くなっても。
それは、力の入れどころや、抜きどころ、その動作に見合う筋肉がついてくることなどがあげられます。
ゴルフで言いますと、一流選手は基本は全身リラックスしており、土台となる下半身のみ力を入れています。
それに比べ、ビギナーの方はどうしても全身を硬直させてしまい必要のない筋肉まで使ってしまっています。
プロの一流選手も力は使っていますが、それは瞬間瞬間のみで、クラブを握りしめる手もふんわりと握るというようなイメージです。
スポンサーリンク

人間の体はどうしてもバランスを保とうととしますので、上半身に力が入ってますと、それに応じて下半身もそれなりの力が入ってしまいます。
そのような硬直した状態では柔軟なショットを打つことはできません。
ではこれを直すためにはどうすればいいのか。
先に書いた事をゆっくりゆっくり繰り返し体に身に着けさすしかありません。
具体的には、全身力を抜いた状態で、ゆっくりと打つ練習を繰り返すことです。
これについては、打ちっぱなしなどを利用すればいいですが、なかなか金銭的にも厳しいことも考えられますので、まず、ご自宅などでイメージトレーニングで素振りをしながら、フォームを固めチェック的に打ちっぱな
しや、本コースで試してみるといいですね。
全身をリラックスさせた状態でスイングを行うことで、体の可動域が広がり、それが飛距離に表れてきます。
よくテレビなどで、プロのスイングを見ることがありますが、みなさんそこまで力をいれていませんよね。
このように力を入れるところは入れ、抜くところは抜くことで、筋肉痛になる可能性も随分減ってくるのではと思います。
スポンサーリンク