ランニング 筋肉痛 原因

ランニングでの筋肉痛の原因

スポンサーリンク

ランニングやジョギングは近年のマラソンブームや手軽に始められることから、昔から人気のあるスポーツです。
強度も自分で調節でき、無理なく行うことから程よい疲れが心地いいものです。
手軽さより、自身の健康増進や、体のシェイプアップなどにも効果的ですね。
ただ、自分の体がどれくらいの強度に耐えれるかなかなかわからない場合もあり、負荷がかかりすぎると筋肉痛やけがを招くことになりますので注意が必要です。
ここではランニングやジョギングでの筋肉痛の原因について説明していきます。
まず、意外なところかもしれませんが、上半身に問題がある場合が多いです。
スポンサーリンク

ランニングやジョギングを行うと結構上半身が揺られてる方がいます。
上半身の筋肉不足により体がぶれてしまうのです。
こうなるとぶれてない方に比べ、余計な体力を消耗し、筋肉に負担がかかるだけでなく、タイムにも影響してきます。
具体的には体を支える背筋、腹筋、腕ふりを行うことから腕などの筋肉痛が考えられます。
どうしても筋肉痛は体の弱いところや普段使ってないところがなり易いので、ランニングをしながら不安を感じるところがあれば、補強するという点でランニング以外に筋トレなどをするといいでしょう。
もちろん走ることで足を使いますから、足の筋肉痛も考えられます。どうしてもフォームが悪い方は、足の様々な部分に負担がかかってきてしまい筋肉痛や故障を招く恐れがあります。このような状態では高いパフォーマンスを続けることが難しくなってきますので、フォームの見直しを行うといいでしょう。
おすすめの実践方法は、いきなりランニングするのではなく、ウォーキングからフォームを意識していき、次は早歩きで、最後にランニングと進めていくといいでしょう。
また、近年のランニングブームから書籍もたくさん出ていますし、ランニングクリニックやスポーツドクターも増えていますので、それらを利用して、フォームの改善をすることもいいと思います。
スポンサーリンク