筋肉痛 遅れてくる 理由

筋肉痛はなぜ遅れてくるのか

スポンサーリンク

普段行っていない運動や筋肉を使った時の当日や次の日はなんてことがないのに、数日たってから筋肉痛に襲われたりすると、年齢によるものだとい言われることがありますよね。
それも運動と筋肉痛になる間隔が広がれば広がるほどです。
でも実際の所この因果関係はあるのでしょうか。
そもそも筋肉痛には、運動後すぐに表れるものと、それこそ先に説明させていただいた運動の数日後に起こる2種類のものがあると考えられています。
運動後すぐに筋肉痛になる原因としては、運動により、代謝産物である乳酸などが一気に体の中に溜まり、痛みを起こしていることがあげられます。
また、乳酸が体に溜まることにより、血液が酸性に進み、そして血の流れが足りなくなることによって部分的に貧血状態になることも筋肉痛の原因と考えられています。
そして、数日後に遅れてくる筋肉痛の原因として、一般的な筋肉痛である遅発性筋肉痛のことになりますが、以下のようなことがあげられます。
スポンサーリンク

普段から運動を行ったり、筋肉トレーニングを行ってる人は、割と筋肉痛がすぐに出やすいと言われています。
だたし、普段から運動や筋肉トレーニングをしていない人が後々に定期的にこれらの運動をするようになった場合には、昔よりも筋肉痛が出てくるスピードが速くなるようになります。
結論としては、普段から運動を行っていなければ、筋肉痛の症状がでる時間が長くなるということです。
ではなぜ年をとると筋肉痛が出るのが遅くなると言われてるのかというと、若い人の方が運動する機会も多く、年を取るとなかなか運動しなくなるからでしょうか。
けがとかも怖いでしょうし、なかなか仕事やプライベートに忙しく、スポーツする時間も確保しにくいでしょうしね。
また、運動の強度に応じて、筋肉痛が表れる速度も変わってきます。
やはり、きつく激しい運動による筋肉痛は割と早く会わられますが、やや弱めの運動によるものは筋肉痛もゆっくりになることがあります。
若いと、力いっぱい体を酷使できますが、年を重ねることで、経験や知識など体よりも頭が先に働き、自らセーブするため、強度が低くなることも考えられます。
そのため、年を重ねると筋肉痛は遅くなるかもしれませんね。
スポンサーリンク