スノボ 筋肉痛 予防

スノボでの筋肉痛の予防

スポンサーリンク

スノボは、一般に初心者の方はかなりの筋肉痛に悩まされる可能性が高いスポーツです。
いつもは全く使わない筋肉を使ったり、力のかけ具合がわからなかったり、転倒による筋肉繊維の破壊などい複合的な原因が考えられます。
ここで、そんなスノボでの筋肉痛になる確率を減らしたり、程度を軽くする方法を説明していきたいと思います。
まずはウェアを着る前に準備体操です。
常日頃から運動や筋肉トレーニングなどをしている人でも、慣れない動きをするスノボでは、筋肉に大きな負担がかかってきます。
普段からスノボしてませんので、スノボで使う筋肉については鍛えていませんもんね。
それにスノボでの激しい動きに加えて転倒もよく起こしますので、筋肉痛のみならず、肉離れや靭帯などを傷めるなど、大きなけがになる可能性が非常に高いです。
そういったことも頭に入れつつ、ウェアなどを着用する前にしっかりと準備体操をするようにしてください。
スポンサーリンク

簡単で構いませんので、スノボで使う部分、首や肩、腕や手首、足首や膝、アキレス腱や腰といったところを入念に伸ばしていきましょう。
体がほんのり温かくなるくらい行うといいでしょう。
スノボ中は、体の中で水分が枯渇していることがあるので、こまめに水分をとるようにしてください。
また昼食などでは、筋肉のもとになるたんぱく質を多く含む食材をとるようにしましょう。
ただゲレンデではなかなかそういう食事をとるのが難しいこともあります。
そういう時は、私は食べやすいお菓子やゼリー状の飲料をとるようにしてます。
運動する前と運動後にたんぱく質をとるように心がけると予防や改善にもつながります。
さて、スノボもいっぱい楽しんでそろそろ帰るぞという時には、終わりにかけてゆっくりゆっくり滑るようにしてください。
これがクールダウンになります。
その後準備運動をした時と同じ運動をするとなおいいでしょう。
これらを心がけて、楽しいスノボの時間を過ごしたいですね。
スポンサーリンク