筋肉痛 緩和 食材

筋肉痛緩和のための食材

スポンサーリンク

食事は体を作るものなので、とっても重要といえます。
筋肉は主にタンパク質からできています。
では、タンパク質とはどんな食材でしょうか。
お肉、さかなといった動物性たんぱく質や豆腐や大豆といった植物性たんぱく質が思いつきますね。
できれば、この2種類のたんぱく質をバランスよく両方取ることをお勧めします。
ただし、筋肉のことについてのみ考えるのであれば、動物性たんぱく質の方が吸収率も高くおすすめです。
じゃあなぜバランスよくと書いているのかといえば、動物性たんぱく質はどうしても脂肪分もよくふくんでいるため、それらを多くとりすぎると高カロリーとなり、動脈硬化や心臓病といった成人病などを引き起こす恐れがあります。
そのためささみなど脂肪が少ないお肉をチョイスするのもありだと思います。
ただし、そこまでストイックな方でなければ、牛肉や鶏肉、豚肉など様々なお肉を少しずつバランスよくとることがいいですね。
栄養素も偏ることもないのでおすすめします。
スポンサーリンク

同じように、植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質に比べると吸収率は低くなりますが、脂肪分は少なく、コレステロールもないため、成人病予備軍の方は特に気を付けてこちらをとるようにしてもいいですね。
次に、乳酸についてですが、これはクエン酸が効果的です。
乳酸が作られるのを抑えたり、分解する力があります。
ではクエン酸はどんな食品に含まれているでしょうか。
レモンや梅干しやキウイ、お酢に含まれています。
そうです、みんな酸っぱい食品ですね。
私は黒酢やフルーツ酢を好んで飲んでいました。
飲むタイミングですが、スポーツの前、間、終わってから飲んでいました。
あとはクエン酸の粉末も売られていますね。
ただし、空腹時に飲むと胃に負担がかかりますので、気を付けましょう。
次はそのたんぱく質の組成や生成を助ける亜鉛です。
これは、牡蠣やレバー、大豆があります。ここでも大豆がでてきましたね。
大豆はこの点からもおすすめです。
スポンサーリンク