筋肉痛 効く 法 マッサージ 

筋肉痛に効くマッサージ法

スポンサーリンク

私は、昔からスポーツが好きで、いろんなことにも挑戦していましたので、様々な部分の筋肉痛にも悩まされていました。
それだけではなく、継続して続けているスポーツもあるので、自分の体のメンテナンス方法についても考えるようになりました。
それがマッサージです。
マッサージもやり方がありますので、私が勉強し、経験してきたことをお伝えできればと思います。
まずは、基本ですが、マッサージは手を使いますので、爪が伸びていないか確認しましょう。
せっかくのマッサージが爪などの硬い部分に当たると皮膚や筋肉を傷つけてしまいますからね。
次は、マッサージする筋肉の緊張をとり、温めましょう。ゆっくりゆっくり時間をかけてさすったり、揺らしたりします。
もちろん、筋肉をつかんだり、強く圧迫することはやめましょう。
筋肉痛とは筋肉の繊維が壊れた状態です。
つまりもう傷んだ状態なのです。
これ以上負荷をかけてしまうと回復が遅くなってしまいます。
スポンサーリンク

マッサージをしてあげるときには、相手にいたくないかを確認しながら進めていくと大きなけがにつながらないかもしれませんね。
ある程度温まったら、私はオイルを使ったりします。
滑りがよくなることで、マッサージする手の人間も力が分散されますし、オイルのにおいでリラックス効果が図れます。
もちろん、オイルもまずは自分の手のひらに落として、手で温めてから、マッサージしてあげましょう。
ではマッサージの方法です。
方法はすごくシンプルです。
マッサージするところから心臓に向かって一方通行でマッサージをすることです。
筋肉痛は乳酸といった老廃物がたまった状態ですので、これをいち早く除去しなければなりません。
そのために、血液の流れの動力源である心臓方向に向かって押し出してあげることで、改善されるわけです。
もちろん人間の体は左右対称にできていますので、片方の部分をマッサージする場合には、もう片方も忘れないようにマッサージしましょう。
スポンサーリンク