筋肉痛 夏 注意

夏の筋肉痛にご注意

スポンサーリンク

いよいよ夏本番、暑くなってきましたね。
昔に比べて、気温はどんどん高くなり、夜になってもなかなか温度が下がらなくなってきました。
普段から、外で活動していない人にとってはこの季節、注意しないといけないことがあります。
それは熱中症です。
これぐらいなら大丈夫と油断していると、大変なことになりかねません。
私も学生の時に何回か軽度の熱中症になったことがあります。
その時には、タイトルにあるとおり、大した運動をした覚えがないのですが、筋肉痛になったり足がつったりして、ランニングを途中で中断したことがあります。
のちのち調べてみると、熱けいれんと言われる、熱中症の症状だったのです。
その後、吐き気があり、非常に気分が悪くなりました。
スポンサーリンク

その時は幸い大事には至らなかったのですが、同じ目に合わないように勉強しました。
熱中症の原因としては、非常に暑い場所や湿気の高いところに長時間身を置くことでその可能性を引きを起こします。
この時にこまめな水分補給を行わないと、大量の汗をかいているのに、水分が入らないのであっという間に脱水症状になります。
脱水症状が進むと、脳の障害まで発展します。
では水分だけをとればそれでいいのかといえばそうではありません。
汗の中には塩分も含まれており、この不足が筋肉のけいれんや筋肉痛を引き起こしていたのです。
おすすめは、スポーツドリンクをとることです。
それも小分けにして数回に分けることです。
大量に一気に飲むのは、吸収の面では非効率です。
あともちろんですが、運動中はある程度仕方ないかもしれませんが、ストレッチや休憩中はなるべく日が当たらなく風どおりがいい場所で過ごしてください。
また、私は暑いですが、頭に直接熱が当たらないように帽子をかぶるようにしました。
これだけでも、だいぶコカがあります。
そして、疲れがたまっているなと思ったら素直に練習を切り上げてください。
練習をこなすことは確かに大切なことですが、これで熱中症になり、何日か引きずることを考えると自ずから答えは出ると思います。
スポンサーリンク