筋肉痛 子供 対処 方法

子供の筋肉痛の対処方法

スポンサーリンク

大人と同じように子供も筋肉痛になります。
子供も筋肉で体を動かしています。
そのため、子供も同じように、普段使っていない筋肉を使ったり、普段以上の筋肉を使うことで筋肉痛になります。
ただし、子供の体は大人と比べて発達途上にあり、非常に繊細ですし、無理をするとのちのちに響いてきます。
また、子供は経験値が大人よりも少なく、自分の体の状態を把握していません。
そのため、自分の限界を超えた動きをしてしまうことがあります。
そうならないためにも周りの大人が目を配りましょう。
でも筋肉痛になってしまったものは仕方ありませんので、少しでも早く治す方法をお伝えします。
まず、子供は大人と違い皮膚も薄く弱いと言われています。
そのため、運動後にスプレーや湿布といったものは少し控えたほうがいいと言えます。
ばんそうこうでも張ったあと赤くなっている子供がいますね。
スポンサーリンク

そんな子は、特に注意する必要があります。
結論から言いますと、なるべく自然のものを使うことです。
おすすめの1つ目はアイシングと保温の繰り返しです。
アイシングは、筋肉疲労や損傷で熱を持った部分を冷やすことです。
冷やすことで、血管を収縮させ、血流を押さえます。
その後、温めることで、血管を拡張させ、一気に疲労物質を体外へと運び込ませます。
子供の体は、大人よりも小さく、細いため、効果はてきめんに表れます。
これを、3,4セット繰り返すといいでしょう。
2つ目は、1つ目と連続ですることをお勧めしますが、体が温まった状態で(保温後やふろ上がり)ストレッチをすることです。
ここでのストレッチは、無理をせず、痛ければ止める。
そしてゆっくりゆっくり伸ばすことです。
急激に力を加えるストレッチは体を傷めます。
3つ目は、食事です。筋肉など体を作るのはたんぱく質が必須です。
植物性で言えば、大豆製品である、豆腐、納豆、みそなど。
動物性で言えば、脂肪があ少ないササミなどです。疲労回復にビタミンB1がたくさん含まれている豚肉もおすすめです。
4つ目は安静に体を休めることです。

これを実行すれば、筋肉痛と早くおさらばできるはずです。
スポンサーリンク