筋肉痛 冷やす 温める

筋肉痛冷やすか温めるか

スポンサーリンク

先ほど、筋肉痛はすぐ冷やしたほうがいいと説明しましたが、ある程度日数が立ってきて炎症が収まってきたら次の段階の治療方法に移るといいです。
それは、体を温めたり冷やしたりを繰り返す方法です。
この繰り返しを行うことで、毛細血管が刺激され収縮を繰り返すことで、体の老廃物を外に吐き出し、また筋肉の修復に必要な栄養素を素早く体の必要な場所に送り出す効果が見込めます。
さて、実際にどういう方法があるか見ていきましょう。
よくあるのがお風呂を使って行う方法です。
患部を数分温めたのち、今度は水で冷やしていく。
ある程度冷えたらまた温める。
この繰り返しです。
ふくらはぎだけとかいう場合でしたら、バケツにお湯と水をためておき、交互につけるなど、お風呂以外でもできますね。
あとはジム通いなどされている方で簡単にサウナなど使える方でしたら、サウナのあとに水風呂、またサウナなどもいいでしょう。
スポンサーリンク

他には、温湿布のあとに冷湿布そして温湿布の繰り返しなども活用できます。
筋肉痛にも効果的な温冷浴ですが、効果はそれだけではありません。
老廃物を外に出す動きを促すことからも、疲労回復に大変効果的です。
また、温冷浴を繰り返すことにより、副交感神経と交感神経を交互に刺激することになり、自律神経の乱れを整える働きがあります。
副交感神経とは体をリラックスさせ、緊張をときほぐすものであり、交感神経は体に緊張を与え、エネルギーを充満させる働きがあります。
ストレスがたまったりするとこの働きのバランスが取れなくなます。
そこで、温かいお風呂で、副交感神経を、冷たい水で交感神経を刺激することで安定するようになります。
ここで注意として、心疾患や血管関係に病気を抱えている方は、急激な温度差は事故の元ですので、慎重に行うようにしてください。
また、必ず水分をとって行うように心がけましょう。
アルコールを摂取してからのお風呂もやめましょう。
そして、温冷浴でもなかなか改善されない場合は、おそらくかなりの痛みなどを抱えている可能性がありますので、その際は控えることをお勧めします。
スポンサーリンク