筋肉痛 男性 落とし穴

男性の筋肉痛の落とし穴

スポンサーリンク

50歳前後頃になるとホルモンの分泌が減ってくるなど、加齢に伴って心身のバランスが崩れることなどを更年期障害と言います。
一般的には女性のイメージですが、男性にも同じように更年期障害は存在します。
その男性の更年期障害の1つに筋肉痛のような筋肉の痛みがあります。
我々人間の体には、男性にも女性にも、男性ホルモンや女性ホルモンがあります。
もちろん、女性は、女性らしい柔らかな体を生む女性ホルモンが多く、男性は、筋肉隆々でごつごつした男性ホルモンが多くなっています。
つまり男性ホルモンが多い方が、筋肉質でたくましい体を作りやすいことになります。
しかし、年齢をとるごとに、徐々に徐々にホルモンの分泌が減っていき、この50歳前後には急激に減少していきます。
すると、筋肉量が減ってきます。
筋肉量が減ってしまうと、筋肉があった時と同じような運動を行ったとしても、しんどくなってきますので、筋肉痛になり易いと言えます。
また、筋肉痛だけでなく、筋肉自体が弱くなっていますので、肉離れなども起こしやすい状態になってしまいます。
スポンサーリンク

もちろん年齢のせいで筋肉が弱くなってくることはありますが、ホルモンの減少に折る更年期障害によるものと比べても緩やかですから、同じような運動をしていて筋肉痛になる場合は、更年期障害を疑った方がいいです。
それでは、男性ホルモンを増やす方法を考えていきたいと思います。
まず、男性が好きそうでやりそうなことをしてください。
簡単に言うと、自分の好きなことをしたり、スポーツなど勝負事をするなどです。
競争事などに身を置くことで、男性らしさの表れである男性ホルモンが増えるのです。
格闘技などを見ることなどでも増えると言われています。
ようは原始的に戻れということでしょうか。
そのほかにはやはり健康的な生活も男性ホルモンの向上に寄与するみたいです。
その代表的なものは、睡眠です。それもできるだけ、暗くなれば寝るのがいいみたいです。
これも原始的なことですね。
あとは、食事ですね。
簡単なメニューとしては、ニンニクなどです。これはわかりやすいですね・・・。
また、筋トレをし続けることでも増えるとされています。
基本はやはり健康的な生活ですね。
スポンサーリンク