筋肉痛 股関節 関節痛

股関節の筋肉痛と関節痛

スポンサーリンク

股関節は骨盤と下半身をつなぐ重要な働きをしています。
そのため、日常生活での動きにとって欠かすことのできない部分であります。
私は、ランニングやサッカーをした時に急なダッシュやストップを繰り返したりすると次の日にわりと股関節の筋肉痛に襲われます。
筋肉痛の場合でしたら、運動直後にアイシングや保温を繰り返して、血流を良くして、老廃物を排出したり、ストレッチをしたりすることで筋肉痛を素早く抑えることができます。
ひどい筋肉痛の場合でしたら完全に休養をとり、絶対安静もおすすめですが、そこまでの筋肉痛でなく、軽度の場合は、歩いたり、スイミングなどゆっくりとした速度で運動することにより、血流をあげ、筋肉痛を改善する方法もあります。
ただし、こちらもくれぐれもむりをせず、すこし汗をかいたなぐらいでとどめておくのがいいでしょう。
むしろここで疲れてしまうと、筋肉痛を治すどころか、後ろ悪化させてしまいます。
スポンサーリンク

筋肉痛は、長くても大体1週間もすると完全に回復するか、痛みはひいてくるものですが、時間がたっても痛みが引かない場合は、股関節炎を疑った方がいいでしょう。
股関節は人間の体にある関節の中でも大きな関節であります。
そりゃそうですよね、体を支える下半身にある関節ですからね。
そして、この股関節の調子が悪くなると下半身はもちろんその上半身を支えていますので、上半身にも大きな影響をおよぼします。
股関節は、体の片方に体重をかけるような変な体制を長時間続けたり、胡坐をかいたりすることやバランスの悪い歩き方を続けることで、ゆがみが生じ股関節の痛みへと発展します。
そして、股関節は腰とも深くつながりがあるため、腰の調子が悪い時は、股関節にも影響を与えます。
こういったように股関節痛は股関節そのものが悪いというよりは、体の様々なバランスの乱れによっておこるので、病院に行く際には、そういった複合的な問題まで見てくれるようなドクターを探すのがいいです。
例えば、スポーツドクターなんかはおすすめかもしれませんね。
スポンサーリンク