筋肉痛 妊娠 原因

妊娠中の筋肉痛の原因について

スポンサーリンク

ふくらはぎは、割と筋肉痛になりやすいところであり、むくんだりつったりするところです。
妊娠中の方はよく、ふくらはぎがつりやすいってことを聞いたことはありませんか。
主に妊娠中期からが起こりやすいとされています。
では、なぜ妊娠している女性のふくらはぎはつりやすいんでしょうか。
妊婦さんは、恐らくというかまず、激しい運動をするなんてことは考えられませんから、スポーツによるものとは考えられません。
妊娠中期になると、胎児の体重がある程度増えてきており、それを24時間ずっと支えているママの骨盤や腰に負担がかかっています。
そのため、普段は柔軟な筋肉も固まってしまい、骨盤のゆがみを正常な位置に戻すことができなくなり、ひどい場合は坐骨神経を圧迫してしまうことによる、痛みなども起こってきます。
また、女性ホルモンの影響もあります。
女性ホルモンのバランスが乱れることにより、自律神経の乱れを引き起こし、その乱れにより、血液の流れが悪くなってしまいます。
この血流の流れが悪くなることで、足のむくみを引き起こすのです。
スポンサーリンク

また血流の悪さが体の冷えを引き押し、これが筋肉の硬直に結びつき、さらにはふくらはぎのつりやむくみ、鎖骨神経痛を起こすという悪循環を招きます。
また単純に胎児の成長のために血液は胎児の方へ流れるため、下半身は血流不足になっています。
こういったふくらはぎの問題にどう対処したらいいでしょうか。
まずは、ふくらはぎは、足のポンプと言われる機能を持っていますので、それを最大限いかすことです。
そのためには、無理のない範囲で歩くことです。
そして、つる原因は水分不足も影響していますので、意識してとるようにしてください。
胎児の分まで水分が必要ですからね。
また、カルシウムとマグネシウム不足もこむら返りの原因です。
妊娠中は栄養が通常よりも必要なので、注意してください。
カルシウムは乳製品や魚介類にたくさん含まれています。
ただ、感染症や寄生虫などが怖いのでかならず火を通して食べてください。
マグネシウムは、大豆製品や海藻、木の実などにも含まれています。
バランスがよく栄養価の高い食事と運動で、筋肉痛はこむらがえりとおさらばしましょうね。
スポンサーリンク