筋肉痛 初期症状 HIV エイズ 感染

HIV感染と筋肉痛の関係

スポンサーリンク

基本的にはHIV(エイズウイルス)は日常生活では感染しません。
主な感染源としては、性接触や血液、母子感染とされています。
蚊を媒体として感染することもありませんし、HIVは感染力は弱いので上記に該当する人のみ疑いがあります。
母子感染は医学の進歩により殆ど感染しなくなっています。
まず初期症状ですが、風邪やインフルエンザの症状によく似ています。
発熱、筋肉痛、関節痛などです。
またこれは感染してから数週間ぐらいで症状が出てきますが、中には全く初期症状が出ない方もいますので判断が難しいところです。
この時期に体内では免疫の仕組みの中心に対して感染し、増殖を続けます。
たた、数週間で風邪やインフルエンザの様な初期症状から回復します。
その後、数年から10年以上何も変化がない無症状期に入ります。
スポンサーリンク

ただまれに、すぐに無症状期を終えてしまう方もいらっしゃいます。
一般的には体調不良を繰り返し、重症化に向かいます。
しかし、これがHIVの症状とわからずに、体調を崩したものと思ったり風邪だと思ったりすることで、進行を進めてしまいます。
今でもHIVを完全に治療することは難しいとされていますが、完全な発症を抑えたり、進行を遅らすことや、通常の日常生活を送ることは可能になってきています。
そのためには、自分がHIVに感染しているかを知ることが大切だといえます。
しかし、自覚症状もなかなかないため、個人の判断では難しいとされています。
それなら、今は各自治体で無料で診断してくれる場所も出てきていますので、疑わしいと思う方は行ってみてはどうでしょうか。
ただ、感染後すぐに検査することで、感染がわかるわけではありません。
基本的には1から3カ月の期間を置かないと正確な結果ができません。
検査方法は、採血で行います。
早いものでは、その当日に結果が出ます。
繰り返しお伝えしますが、早期発見により、エイズの進行を効果的に抑える方法が増えてきますので、気になる方は検査をお勧めします。
スポンサーリンク